ウーマン

うつ病をタイプ別に理解して適切な対応|精神的な病の概要

精神病への正しい理解

看護師

現代の日本社会では学校や職場、友人関係や家族関係、その他の対人関係において様々なストレスというものが発生してきます。人生というのは誰しも多少なりともストレスを感じることがありますが、人によってはそれが蓄積しすぎてうつ病という精神病に発展してしまうケースが存在するのです。本来であればそうなってしまう前にその人自身や周りの人が気づいて適切な対処をするのがベストですが、うつ病になってしまう人の傾向として自分1人は頑張りすぎて抱え込んでしまうというタイプが多いのです。責任感が強い人ほどうつ病になりやすいというのはこの様な要因とも繋がっているともいわれています。あるデータによると日本人の13人に1人がうつ病を発症しているという数値も出ているのです。自分は精神面ではタフ、と思い込まずにうつ病に対して正しい理解と適切な対処方法を理解しておくことも大切なのです。

うつ病は怖い病気と勘違いしてしまっている人も多いですが、まずはその誤解を解くことから始めるのが大切です。よくある勘違いとしてうつ病になったら大量の薬を飲まないといけない、というイメージがありますがこのような抗うつ剤や睡眠導入剤は医師の適切な判断の元で処方されているので量が多かったとしてもなんら問題は無いのです。逆に本人が軽度のうつ症状だった場合などは処方数が少なかったり、そもそも詳報されなかったりすることがあります。薬と合わせて誤解されているのが精神科へのイメージです。多くの人は日々の生活の中で精神科へ足を運ぶ機会はほとんどありません、そのような事から精神科に対して正しい理解を示していない人も少なからず存在するのです。

しかし、うつ病を治療する為の精神科は通常の病院となんら大差ありません。患者がリラックスして治療に専念できるようにソファが付いていたり、バリアフリーの設備になったりしています。場合によっては通常の病院よりも設備投資に力が入っていることもあるのです。そしてこれも大事なことですが、うつ病は、直さなきゃと焦りの気持ちを持っていると逆効果になってしまう病気でも有ります。心の焦りが残ったままだと休息にはならないので仕事や人間関係のことなどは忘れて自分の好きなモノに取り組むのが良い治療にも繋がるのです。上記で上げたとおり、精神病などは怖い病気と思われがちですが、蓋を開けてみると実はそうでもないのです。正しい理解と知識をもってうつ病への理解を深めていくのが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加