ウーマン

うつ病をタイプ別に理解して適切な対応|精神的な病の概要

ポジティブの重要性

頭を抱える人

人がうつ病を患ってしまう原因は様々ですがその中の1つとして考えられているのが、勃起不全症によるうつ病発症です。勃起不全症は略称でEDと呼ばれています。男性は加齢と共に性欲が減衰してしまうので、その結果としてEDを引き起こす場合があります。他にも過去の女性経験で苦い思い出があったり、トラウマがあったりすると若い人でもEDを発症するケースが存在するのです。EDになると通常の性交渉ができなくなるためパートナーとの間に溝ができてしまう可能性があります。そのような原因を作ってしまったのは自分だ、と自身を追い込みすぎて最終的にうつ病へと発展するパターンも存在するのです。また、逆のパターンもあり、うつ病が原因となってEDを発症してしまうこともあるのです。このようにうつ病とEDは密接な関係にあるともいえるでしょう。

うつ病を発症しやすい人の傾向として物事を悲観的にとらえすぎるマイナス思考ということがあります。悪い部分にだけ目がいってしまい、自身の良い点や良かった出来事などを上手く受けきれていない印象です。うつ病の発症リスクを抑えたいのであればまず、このマイナス思考をプラス思考に変化させることから始めるのが大切です。簡単にできる取り組みとして挙げられるのは良かった出来事などをノートにメモするという方法です。このように目に見える形で良いことを書き記すことで、物事の捉え方そのものを変える方法となっているのです。この取り組みをする場合は毎日するのではなく週に3回程度にとどめておくと良いでしょう。その大きな理由としては幸福に慣れすぎてしまうという懸念点があるからです。

たまに良いことがある、という風に考えて生きていけば今後の人生も楽しくなることでしょう。また、失敗した時や落ち込んだ時は自分で書いたノートを読み返してリフレッシュすることも大切です。このようにして今の自分と過去の自分を相対的に比較することで成長も実感することができ、よりポジティブな思考で物事を捉えることができるようになります。大事なのは何事も楽しんで続けることです。仕事も遊びも義務感にように捉えて取り組んでしまうとやりがいや楽しさを見いだせなくなってしまいます。自分のやるべきことに対して何か価値を見出すことでモチベーションとやる気にもつながってくるのです。そのようにして物事を全て前向きに捉えて生きていけば多少の失敗でうつ病になってしまうことも無いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加