ウーマン

うつ病をタイプ別に理解して適切な対応|精神的な病の概要

メンタル面でのケア

医師

ここ数年、日本の労働社会において100時間を超える過度な残業などによって若い人が追い込まれるという事態が増え続けてきました。特に新卒入社したばかりの新入社員などは少しでも早く仕事を覚えようと必死にがんばる人が多数でしょう。そこの追い打ちをかけるかのように負荷が高いタスクが積み重なることによって若い人のうつ病が発症されてしまうのです。上の立場に立つ人は自分の仕事だけでなくこのような部下のメンタルヘルスケアまでしっかりと行なう必要があるのです。日本の会社は少しずつ変化し始めていますがそれでも社歴や年齢、といったものが重視される年功序列の制度というものは少なからず存在します。今現在、会社で働いている人はこれから年数を重ねていくことで少しずつ昇進していく場合もあるでしょう。

そのようなクラスになれば必然的に後輩や部下といった存在を持つことになるので、職場環境のメンタルヘルスケアのスキルは必要不可欠なものとなってくるのです。このようなスキルを身に付けておけば後輩のうつ病を予防するだけでなく、新卒3年以内の早期離職率も下げることができるのです。うつ病予防に効果的なメンタルヘルスケアを始める場合は下記のようなポイントを押さえつつ日々の仕事に専念してみましょう。まず1つ目に挙げられるポイントとしては部下の異変に早く気づくということです。以前は元気だった人が急に活力を無くしたり、凡ミスを連発したりするようになった場合は注意が必要だといえるでしょう。このような変化の背景に浮かび上がってくるのは精神面に何か大きな負担が掛かっているかもしれないということです。本人の意思で残業をしている場合でもそれが気づかぬうちに負荷となっていることもあるので、そのような場合は自分や上司の指示で退勤させるのも大事なことなのです。

そして2つ目に挙げられるのは上司の方から部下に声を掛けてあげるということです。この際に個別の面談形式にしてしまうとかえって緊張してしまうケースがあるので、休憩時間やちょっとした業務の合間に最近の仕事や心境などを訪ねてみると良いでしょう。何気ない声かけが救いに感じる人もなかにはいるのです。3つ目は最終段階になりますが、業務をしている中でうつ病の様な症状が見受けられて場合は本人からの申告を待つだけではなく、人事や労務といった間接部門に適切な処置を依頼するのもメンタルヘルスケアの一環なのです。このような積み重ねをしていけば仕事の中でうつ病を患うという人も減らすことができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加