知って得するうつ病事情

うつ病をタイプ別に理解して適切な対応|精神的な病の概要

看護師

精神病への正しい理解

現代の日本社会では13人に1人がうつ病を発症しているというデータが出されています。うつ病はテレビなどでもよく取り上げられる内容ですが、正しい知識を持っていない人も多いのできちんろ理解することが大切です。

医師

メンタル面でのケア

仕事を長年続けているとほとんどの人は順調に昇進していくことでしょう。そうなると部下を持つことになります。最近は若い人のうつ病や早期離職なども多いので部下のメンタルケアをするのも大切なのです。

女の人

発症前の兆候を把握

うつ病という精神的な病気はなにがトリガーとなって発症するか分かりません。今後の人生において自身が発症するリスクも十分考えられるので、うつ病発症のサインや傾向を把握しておきましょう。

頭を抱える人

ポジティブの重要性

人生を楽しく、そしてポジティブに生きるというのは非常に重要なことだといえるでしょう。うつ病には物事を悲観的に捉えてしまうことが1つの原因だと考えられているので、その逆をすれば予防にもなるのです。

発症しやすい性格

カウンセリング

複数存在する精神病の中でも発症する割合が非常に多くなっているのが、うつ病です。誰もが発症するリスクを秘めている精神的な病なので、概要やなりやすい人などの傾向を知っておくと今後の人生において少なからず役立つことでしょう。よくいわれているのが真面目な人ほどうつ病になりやすいという点です。真面目な人の多くは何事に対しても全力投球で取り組んでしまうので、ある意味では余裕が無い状態にも陥りやすいのです。そのような状態を長期間に渡って継続していると、心身のバランスを崩してしまい大きな負荷やストレスが掛かります。そのようにして弱った状態からうつ病へと発展するケースも多数存在するのです。また、何事も完璧じゃないと気が済まない、という人も要注意です。適当にやるというわけではありませんが、適度に肩の力抜いて物事に取り組むことも時に大切な要素なのです。

そして内向的な人や自分の意見を押し殺してしまう人もうつ病の発症リスクが高まるといわれています。言いたいことを言えずにいるとそれが段々とストレスへ変換されてしまうのです。このようにうつ病を発症しやすい人の性格は数多く存在しますが、共通点として述べられるのは物事に対して優先順位を正しくつけていない、周りの空気に流されやすいという点にあります。自分のこと蔑ろにして周りからの評価や見方を意識するがあまり自分のキャパシティを超えたパフォーマンスを見せようと過度な努力へと走ってしまうのです。

また、うつ病の中に複数の種類が存在するのでそのような知識も身に付けておくことが大切です。仕事や対人関係において発生するストレスが原因となり自尊心がなくなったり、睡眠障害が現れたりする症状が2週間以上続くものを大うつ病と呼称しています。そして日本人の1パーセント未満の割合で発症するのが双極性うつ病というタイプです。このタイプは常にうつ状態というわけではなく、気分が高揚する躁状態と大うつ病のように気分が沈むうつ状態が並のように訪れる珍しいタイプです、二重人格とは別の症状なので周りの人がしっかりと理解してサポートしてあげることが重要なのです。その他にも青年期から発症して成人後も慢性的なうつ状態が続く気分性調性障害や20代から30代の女性に多くみられる非定型うつ病などが存在しています。うつ病にはこのように数多くの種類が存在しているので、一括りにせずに当人に適した治療法を進めていくことが大事なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加